ストームバード系

2017年産のストームバード系

2017年産のサラブレッド大よそ1200頭(追加中)の馬のデビュー時の成績とノーザンダンサーのクロスを調べてます。
デビューした時の成績と、数値でその後その馬は勝ち上がったのか?迄調べてますが、データが出そろって判断するのはもう少し先になります。

基本的に中島さんの母方の数値1~8迄と何番目に出産した馬であるのかを重視しています。

数値が高ければ良いのでも無さそうで、太陽と月が表す血統ってこの事?
と思うのもあります。
数値が高いと成績が良い血統と低いと良い血統があるみたいです。
簡単に言えばプラスとマイナスの血統とでも言えるのか?
サンデーの血統は全て同じプラスと言う事でもなく、マイナスもいる様に見受けられます。
インブリードした時に、プラス同士だと巧くいかないのか?とか・・面白いです。

先日このデータを基にセストリエールを軸に買いました。
結果は外れましたが、12番人気4着上がりの足は38.0で走った馬の中で最速で次は人気になる事でしょう・・
エンドスウィープ系は概ね纏めました。

頑張って血統を研究して、馬主として良い馬に巡り合えるように頑張ります。 基本的にどの馬にもファンがいて、どの馬にも可能性があるので、名前を書いて、この配合はダメとか、この馬は走らないとか書きません・・緩いです。

3月14日中山3レース大胆予想?

◎アストロブレイク
1200は初めてですが、スピードで先行して押し切ってしまうのでは?
との見解ではないかなと思います。
重馬場はそれほど味方しないかな?なのでタイムは13秒前半か?
一番人気は間違いないと思います。
○ヨシオドライヴ
1200は13秒0で走破してますからもしかしたら、こちらが本命かもしれません
重馬場で13秒を切ってこれたら、勝ち上がりはこの馬?
ハイペースあまり経験してないのが割引かな?

2頭ともに割引材料があるので、馬券は三連複6頭のボックス20点
2-3-7-8-13-14
ダイヤモンドリリー、エクメデノツルギ、ビッグセント、シゲルメイオウセイ

本当にダート血統?

※東京競馬場にて・・タイトルに関係ないです。

A.P.Indyと言うとダート血統と当然言われますよね?
マジェスティックウォリアってどうでしょう?
カジノドライヴとか・・
走るレースが無くて芝使うケースもあると思うのですが、マジェスティックウォリア産駒は芝でも勝利してます。
それと A.P.Indy 系は重とか不良馬場をこなしてますから芝馬が重・不良で大駆けしてるのと似てる気がします。
個人的にです。

A.P.Indy系は
カジノドライヴ、マジェスティックウォリア、がノーザンダンサーを5代親に持つタイプ

パイロ、シニスターミニスターはノーザンダンサーを5代までに内包しないタイプ

ノーザンダンサーを内包しないタイプは、肌馬(母馬)にノーザンダンサーを内包しなければ、ノーザンダンサーを持たない馬になるのは当然です。

内包しないと走らない馬なのか?
でも無いです・・データは少ないので確証はもてませんけど、 A.P.Indy 系がこなす重・不良では詰めが甘くなるのでは?と言うデータがありました。
良のダートは問題ないので、純然たるダート馬って感じですかね?

なのでノーザンダンサーのインブリードが増えれば芝も走るのかな?とか妄想は膨らみます。

結論として パイロ、シニスターミニスター のノーザンダンサーが5代目までにないタイプは雨降ったら3着外すかも?の要素が出てきた。
※今後の集計でデータ増えてきたら、書き直しや加筆していきます。
すいません・・・こんなんで

初仔は走らない

よく聞く言葉なので、種牡馬の前に私の1年間取ったデータから書いてみます。

初仔は一般的に大きく生まれたら走る、小さく出たら走らないと言いますね・・

でもディープインパクト大きくないと思います。440kg前後・・
遠い昔皐月賞を勝ったナリタタイシンは420kg無かった初仔ではないですけど、あまり大きさは関係ない様な気がしてます。

私のデータに出ている初仔像は、デビュー戦は勝てない雨降ると走らないイメージ
具体的に数字でみると184頭で11頭がデビュー勝ちしてるので、力関係にもよるかな?と言う結果でした。
雨はダートと芝で重で勝った馬が2頭いましたが、84頭中なので、割と雨の日はダメかもしれないと思いました。

だからと言ってずっと勝てない訳では無いと思います。

初仔は私のイメージでは2走駆けのイメージが強くて、集計中ですが、デビュー戦凡走しても 2走目で 馬券買って取らせて頂いてるイメージあります。

同様に4番仔も初仔と同じイメージがあって 2走目 で走ってくるイメージがあります。
※他の順番の仔よりも顕著に感じます。

ただ馬券で考えると初仔~3番目は相対的に数がいると思うのですが、3連複率高いです。

初仔 11勝 3着内34回
2番 11勝 3着内38回
3番 11勝 3着内36回

突出してるのが
6番目 13勝 3着内33回

年を重ねると子供を産めなくなるのと一緒で10番目以降は勝利も落ちますが、数が少ないので全くダメとはならないと思います。

それと順番で勝ちが多いのは事実でしょうけど、2勝以上上げてG1取るのか?は別の考え方がある様な気がして調べてます。

去年一年の新馬戦のデータから

一年を通して新馬戦を見てきて、その後どうなった?
勝ち上がったのか?調べてますので、まとめてからアップします。
最初はA.P.Indyを(カジノドライブ、シニスターミニスター、パイロ、マジェスティックウォリア)書いて、次はDistorted Humor を予定しています。

主に書くのは何番目の仔なのか?ノーザンダンサーのインブリードはあるのか?とかそんな感じです。
中島式の計算については書籍が出てるので、買ってみるか?借りるか?してみてください。
私の場合はその数値が高いか低いかだけ書きます。

画像は無いので、何かしら著作権フリーの馬の画像を探してみます。