本当にダート血統?

※東京競馬場にて・・タイトルに関係ないです。

A.P.Indyと言うとダート血統と当然言われますよね?
マジェスティックウォリアってどうでしょう?
カジノドライヴとか・・
走るレースが無くて芝使うケースもあると思うのですが、マジェスティックウォリア産駒は芝でも勝利してます。
それと A.P.Indy 系は重とか不良馬場をこなしてますから芝馬が重・不良で大駆けしてるのと似てる気がします。
個人的にです。

A.P.Indy系は
カジノドライヴ、マジェスティックウォリア、がノーザンダンサーを5代親に持つタイプ

パイロ、シニスターミニスターはノーザンダンサーを5代までに内包しないタイプ

ノーザンダンサーを内包しないタイプは、肌馬(母馬)にノーザンダンサーを内包しなければ、ノーザンダンサーを持たない馬になるのは当然です。

内包しないと走らない馬なのか?
でも無いです・・データは少ないので確証はもてませんけど、 A.P.Indy 系がこなす重・不良では詰めが甘くなるのでは?と言うデータがありました。
良のダートは問題ないので、純然たるダート馬って感じですかね?

なのでノーザンダンサーのインブリードが増えれば芝も走るのかな?とか妄想は膨らみます。

結論として パイロ、シニスターミニスター のノーザンダンサーが5代目までにないタイプは雨降ったら3着外すかも?の要素が出てきた。
※今後の集計でデータ増えてきたら、書き直しや加筆していきます。
すいません・・・こんなんで