2020年7月迄の勝ち抜け馬

引き続きモーリス産駒の不振は取りざたされていますが、実際の未勝利勝ちを含む統計の数値を確認してます。
想像通りの結果だと思いますが、簡潔に書きます。

◎サンデーサイレンス系 18頭
トップはやはり
ディープインパクト4勝
キズナは2勝去年の勢いはないかな?

◎キングマンボ系 12頭
ドゥラメンテが4勝
リーダーになってますので、不振は払しょくした感じ
リオンディーズ3勝
は健闘だと思いませんかね?

△ロベルト系 4勝
全体での数値ですからエピファネイアも勢いをなくしてる感じ

Sadler’s Wells系は フランケル産の2勝他2勝の合計4勝
ですが、17頭中凡走は8頭と質の高さを感じました。

AP.インディ系は2勝でダートは内1勝 は意外

Seeking the Gold系
モンテロッソを含めて18頭中 2勝はマクフィ―
11頭中2勝は、一般的な数値かもしれませんが期待できます。

Himyar系の出走と1勝を上げた事は興味深く7頭中凡走は3頭
とても興味深い

これから後半馬主としての興味が、変わっていくのか?引き続き競馬を見て行きます。

ひと口の馬を増やしました。

今年は社台さんの馬を1位指名、2位指名と2頭出資させて頂きました。
2頭追うものとか言いますからどうなりますかね?
勿論私は走ると思うから出資してますので期待します。
※全8頭になりました。

気が付くとコロナの影響でバタバタしていて中々更新できてませんね・・
さらに今日7月16日今日は7月19日愛馬の福島出走が決まりますし、26日は福島の新馬戦に愛馬が出走します。

新種牡馬もスタートを切りましたが、モーリス産とドゥラメンテ産は期待通りではないらしく話題になってます。

中島式で考えれば、数値やら配合やらのちょっとした違いでしょうから、そのうち大物も出現すると思ってます。
モーリスは少しお父さんより遺伝力が2割減なイメージで私は捉えてますが、果たしてどうでしょう?

さてと毎週気が早いもので午後の4時発表のJRAさんの出馬表を元に予想をします。
沢山当たってきたら公開するかもしれませんね・・外れてるのに公開は出来ませんから・・