ルメール騎手 新馬戦

2018年産駒の新馬戦が終わりましたので、ルメール騎手の今年の血統毎の相性の傾向を纏めてみます。

騎乗回数も多い系統
サンデーサイレンス系 36回騎乗
芝 6勝  2着5回 ダート2着2回 3着 1回

芝の1200では勝利は無いので馬券を狙うならここも一考かな?
3回と少ないので本人も得意ではないと認識しているかもしれません
※2着2回 外す可能性は50%あると言う事ですが、馬によりますよね・・
ダートは1回騎乗して2着 

芝1400は牝馬だけ騎乗して2着1回 優勝は無いので案外です。

芝1500は札幌で一度乗ってますが、10着と惨敗してます。
洋芝なので、フィーリングが合わなかったかもしれませんが、馬はその後荻野琢磨騎手で小倉で勝ってるので騎手と芝が相性が合わなかったと思ってます。

芝1600はご存知の通りG1も勝ってる距離ですが、こと新馬戦は6回騎乗して2勝
不良の12着(牡馬)とか5着、7着と振るわない気がします。
※実際私も1600の芝のルメール騎手は選択しない時で馬券を取った事がありますし馬券外になってくれると三連複でも万馬券にはなります。

ダート1700は札幌で一度乗ってますが3着でした。

芝1800は12回騎乗 1着は3回 2着2回 3着は無く馬券外が7回
去年はどうだったかな?今年は1800は駄目な方でしょう・・
良く皆さんが言う所で書くと1着はキャロットとサンデーだけです。

芝2000は8回騎乗して 1着は1回 2着は2回 です。
特に馬主による贔屓みたいなものは感じません 大崩れはしてないのでルメール切りは危険な距離でしょう

キングマンボ系 51回騎乗と 多いです。
芝5勝 2着5回 ダート2着1回 とダートでは勝てていないので、この印象がリオンディーズ等をダートが苦手と印象付けてしまっている気がします。
ご存知だと思いますが、ダート新馬戦4勝してますので私自身はダートは合うと思ってます。

芝1200 ダートも含みますがダートは着外です。
芝は1度騎乗して 1着 サンデーサイレンス系では勝ってないので相性は良いかもしれませんがたった一回ですので・・経過観察しましょう

芝1400は3回騎乗してます。
牝馬は2頭ともに 1着 牡馬は11着と惨敗してます。
この牡馬はその後も勝ててないので相性云々ではないのでしょうね・・

芝1500と言うと札幌ですが、3着が一度あります。

芝1600はキングマンボ系では取りこぼしがないです。
4回騎乗して 1着2回 2着2回とパーフェクト穴はねらえませんね・

芝1800も完璧と言える内容 上記と同様で
4回騎乗して 1着2回 2着2回とパーフェクト穴はねらえませんね・

芝2000は集中しないのか?と言っても1度騎乗して4着と言う内容

ロベルト系は 案外乗ってなくて14回騎乗してます。
芝で1着4回 2着3回 ダートで3着1回ですから、然程協調材料は無い気がします。

芝1200は一度騎乗して 1着 データが少ないですが・・

芝1400は2度 1着と4着ですので安定はしています。

芝1600も2度で 1着と2着ですから完璧です。

ダート1700は3着一度なので役目は果たしましたよと言う感じ

芝1800は 1着1回 2着1回 3着2回 6着2回 と言う感じです。

芝2000は 1着1回 Ⅰ2着1回と派手です。

ロベルト系は少ないので、もう少し細分化してみます。
エピファネイア産 3回騎乗 1着2回 6着に敗れた時も上がり33秒台確りと追えてますから苦手とかは無いと思います。

スクリーンヒーロー産 1着1回 3着1回

モーリス産は多くて9回騎乗 1着1回 2着3回 3着2回
なのですが34秒台が1度あるだけで、馬なのか?相性なのか?
タイム通り勝ちあぐねてる感があります。

その他
APインディ―系 芝2000メートル洋芝で1勝(3例中)
Danzig系 芝1500メートル 洋芝で1勝他着外(牝馬4例中)

Dixieland Band ダート1例1勝
Gone West 2例中 芝1200 1勝
でその他血統での勝利は見当たりませんでした。

Himyar系は騎乗回数は少ないです。
全体の頭数も少ないので仕方が無い所で相性は解りかねますね・・・
ダート1000 前記したHimyar系種牡馬の子で函館騎乗2着でした。
ミカンサンと言う馬で次に勝ち上がってます。